【初心者向け】GitとGitHubの使い方の流れと図解

GitとGithubの使い方の流れ

この記事は何か

先月から大規模開発にPMとして関わることになり当然のようにGit、Githubを使ってバージョン管理などを行なっているのだが、その流れがまるで掴めずに困っていた。そこでチーム開発に関する本、Githubに関する本、webサイトを駆使して理解したことを記す。既存の情報源では、コマンドの使い方と説明が各々なされているため、全体の流れの中でどのように使うのかがわかりにくい。本記事ではGitとGithubが開発の中でどのような流れを辿るのかを説明しようと思う。

Githubの使い方の流れ

①まず、githubのリモートリポジトリ(デフォルトではorigin)のmasterブランチをgit cloneでローカルリポジトリにコピー。

②コードの内容を常に最新のものにしておくために、git pullで変更内容をローカルリポジトリに取り込む

③git branchでbranchを作ってその中で作業するようにする。作ったらgit checkoutで該当のbranchに移動する

④branchで開発をし終えたら、git addする。この状態はちゃんとローカルリポジトリに登録される前準備の段階(ステージング)

⑤git commitをすることで、作業していたbranchの変更がローカルリポジトリに反映される

⑥git pushをすることで、ローカルリポジトリの変更内容がgithubのリモートリポジトリに反映される。もしくは、pull requestを行うことで、必ずレビューが入ってから、全体に変更が反映されるようになる。

⑦現状は開発者が作ったbranchがリモートリポジトリに入ったところなので、様々なファイルがあるような状態。mergeして全体で変更を統一する。

Githubの使い方の流れの図解

Gitの使い方図解

GitとGithubの理解に役立つサイト・参考書

まず外せないのが、サルでもわかるGit入門というwebサイト。ボリューム満点で全部やるのには時間がかかりますが、gitに関する情報の網羅性、わかりやすさ共に素晴らしいと思います。続いてがこちら。

チーム開発実践入門、という本でこれの第3章のバージョン管理、というところがかなり参考になります。この本は大規模開発に関することが網羅的に説明されているので、gitだけでなく、アジャイル開発やチケット駆動開発、CIなどのキーワードに興味がある方にはさらにオススメします。この本については別記事でサマリを書こうかと思っております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする