統計・計量経済学:確率変数における期待値・分散・相関係数をRで計算してみる

計量経済学の第一歩

今日はこれの第三章に取り組みました。確率変数や分布についての復習、そして計算の練習問題です。別に今回に関してはRでなくてexcelとかでもよかったのですが、昨日に引き続いてとりあえずRで計算してみてます。

確率変数における期待値・分散・相関係数の計算問題

このような計算式を書いて求めました。練習問題で詰まってしまった人は参考にしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする