機械学習:Numpyで配列を扱う

機械学習を勉強してます

Udemyの講座を用いて機械学習にチャレンジ中です。前回は前準備としてライブラリのインポート、データセットのインポート、OOPの復習、欠落データの扱い、カテゴリーデータの扱い、訓練データとテストデータを分ける、feature scaling(どうやってデータ同士のスケールを一致させるか)を学びました。しかし、その過程で、機械学習で特に必要なNumpy, Pandas, Matplotlibの用い方についてよくわかっていない部分があったので、今回はNumpyの計算方法について学びました。

Numpyによる配列計算方法

Numpyアレイはベクトル(1次元配列)と行列(2次元配列:1行1列)を作ることができる。回帰分析の時に有用だとか。とにかく今回はNumpyでの配列計算が主なので、学んだ結果となるコードを紹介し、説明を加える。

今回はこんな形でNumpyを学びました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする