統計学:回帰分析をRでやってみる

統計学:回帰分析をRでやってみる

まず回帰分析と相関分析ってなんか違いがわかりにくいですよね。相関分析の方の記事でも言及しているのですが、相関分析が「2(多)変数間の変動パターン」を見ているのに対して、回帰分析は「一方の変数がどの程度増えると他方の変数にどれくらい影響を及ぼすのか」という影響力まで見ています。

統計学:実際にやってみる

まずは、単回帰、それから重回帰を書きます。

これをやることによって、R^2、つまりこのモデル全体でどれくらい従属変数を説明できているのかがわかります。しかし、これだけだと、どの変数がどれくらいの説明力を持っているのかいまいちよくわかりません。そこでそれを明確にします。

こんなグラフを取得することができました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする