香港留学考察録、コミュニティカレッジ出身の学生とストレート入学の学生の違い

香港大学にコミュニティカレッジからきている人とダイレクト入学の人

前回の記事では香港のコミュニティカレッジ制度について説明をしました。今回は完全主観的な話ですが、コミュニティカレッジからきた人とストレートで高校から香港大学にきている香港人の特徴の違いについて少し紹介してみたいと思います。ものすごく乱暴に分類すると、勤勉なのがコミュニティカレッジ出身者、議論してて楽しいのが高校からのストレート入学者です。

真面目な人ってどういう人?

みなさん高校の頃、中学の頃を思い出してみてください。学校の勉強をひたすら真面目にやり、先生に好かれている、しかし模試の成績となるとあまり芳しくない、そう言った人ってあまり面白いタイプの人ではなかったような気がします。ひたすらに真面目なので「成績を取ること」や「GPAがいかに高いか」に固執しすぎてしまい、自分の意思でこの勉強が面白いからやるとかこの本が面白いから読むとかそういうのが少なくなってしまいます。香港のコミュニティカレッジ出身者もまさにそうです。 大学での成績にものすごくこだわっているところはすごく尊敬できるのですが本当に成績以外に興味がないので大学の勉強以外はしません。なのでジェネラルな議論などをしても盛り上がりにかけることがしばしば・・・。

ストレート入学生の面白さ

一方で高校からストレートの学生はやはりスマートという印象を受けます。彼らは興味範囲も広くディスカッションしていてもものすごく面白い。もちろん彼らも成績にはこだわっていますが、もう少し余裕を持っている雰囲気はあります。(日本人よりははるかに勉強してますよ!)バックグラウンドによって成績へのこだわりや教養の付け方が全く異なるのも香港留学ならではの面白さなのではないかなと思っています。

香港留学での体験談です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする