ロジカルシンキングおすすめ本5選

ロジカルシンキングおすすめ!~ロジカルシンキングはここから「地頭力を鍛える問題解決に活かすフェルミ推定」

この本、僕の人生を一変させたかもしれません。初めて読んだのが大学一年生の春でそこから三度ほど読みました。何かを考える際には常に「結論から」「全体から」「単純に」。ロジカルの真髄を言い当てていると思います。その後参加する全てのインターンでもこの考え方が基礎でした。

ロジカルシンキングおすすめ!~ざっと読むなら「マンガでわかる!マッキンゼー式ロジカルシンキング」

マンガでわかる!の文言通り、主人公の女性がマッキンゼーマフィアの幼馴染の男性にロジカルシンキングとは何かを教えてもらいながら説明が進んでいきます。この本にある「A4メモ書き」は僕も今でも使っているわかりやすいロジカルシンキングのテクニックかなと思います。

ロジカルシンキングおすすめ!~必読。「イシューからはじめよ 知的生産のシンプルな本質」

この本、一言でいうと、情報から集め始めるな!いつも念頭には仮説を!というアドバイスだと思います。情報から集め始めても、結局生産的な仕事はできず、情報おばけになってしまいます。仮説を持って必要な情報を取捨選択する大切さとその手法について書いてあります。

ロジカルシンキングおすすめ!~ざっと読んだやつ二つ

良書だと思います。しかし、地頭力やイシューからはじめよを読んだ後であれば、ほぼ言っている内容は同じだと思います。結論から考えましょう、フローで考えましょう、MECEで考えましょう、というのが上記二つでも大切にしていることです。実際のビジネスの例題が多い二つだったのであげました。もうロジカルシンキングはできていて、実際の現場の問題を知りたい、という人におすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする