キングコング西野「魔法のコンパス」

キングコング西野「魔法のコンパス」のあらすじ

漫才師、絵本作家、イベンター、校長、村長、ついには上場企業の顧問にも就任!肩書きを自由に飛び越える芸人界の異端児が書く“レールからハミ出す人のためのビジネス書”。「自分だけの仕事の作り方・広げ方」、「本当のお金の話」「常識の覆し方」「エンタメの仕掛け方」まで必読!(アマゾンより)

キングコング西野略歴

西野亮廣(にしの・あきひろ)1980年兵庫県生まれ。1999年梶原雄太と漫才コンビ「キングコング」を結成。活動はお笑いだけにとどまらず、3冊の絵本執筆、ソロトークライブや舞台の脚本執筆を手がけ、海外でも個展やライブ活動を行う。また、2015年には“世界の恥”と言われた渋谷のハロウィン翌日のゴミ問題の娯楽化を提案。区長や一部企業、約500人の一般人を巻きこむ異例の課題解決法が評価され、広告賞を受賞した。その他、クリエイター顔負けの「街づくり企画」、「世界一楽しい学校作り」など未来を見据えたエンタメを生み出し、注目を集めている。2016年、東証マザーズ上場企業『株式会社クラウドワークス』の“デタラメ顧問”に就任(アマゾンより)

感想・得たこと

実はこの本を読む前に、newspicksの西野×ホリエモンの多動力対談を読んでおり、そこで魔法のコンパスが紹介されていたので購入を決めた。多動力対談では本書でも書かれているような、「1を3にしたり、3を揃えるような従来型の教育や考え方ではなく、今は少しでも5を増やす方向を考えなければいけない」というような話がメインで行われていた。今回、僕が魔法のコンパスを読んで驚いたのが、この人の行動の全てに意図があったということです。ゴッドタンという土曜深夜にテレ東でやってる下ネタ満載のバラエティがあるのですが、そこで「マジギライ1/5」とか「大声司会コンテスト」に西野さんが出ていました。そこで西野さんは徹底的にいじられるのですが、この時、純粋に「なんで西野さん芸能界から嫌われてる前提なんだろうなー、イケメンだし、面白いのに」と思っていました。いじられる内容はいつも、「ひな壇をバカにしている」「先輩に楯突く」「目立とうとしている」的なものが多かったのです。



純粋にこの回、西野さんの芸人としての面白さで溢れていると思うのですがいかがでしょうか。魔法のコンパス内で西野さんはなぜ自分がひな壇をバカにするのか、先輩に楯突くのはなぜか、なぜ目立ってしまうのかの全ての僕の疑問に答えてくださっていたと思います。ひな壇をやらないのはひな壇で話す自分の能力が五段階評価でいう1に近いからで、先輩(ナイナイの岡村さん)に楯突くのは「芸人」の定義がお互いにずれているからで、目立とうとしているのは自然に目立ってしまうだけなのがよくわかりました。目立つのは人と違うことをしていたら当たり前なのではないかなと思います。そのほかにも絵本を売るための仕掛けや、最高に楽しい学校、「サーカス!」の運営方法など新規事業のアイデアとお金の掘り出し方が秀逸でした。必読だと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする