予想どおりに不合理レビュー ① ~相対化の行動経済学~

私たちは相対化の生き物である

今回は予想どおりに不合理という本を読んでいます。(まだ一章ですが、印象深い部分があったので記します)
よくある例題なのですが、次の3つのうちあなたならどちらを選びますか?

  • 59ドルのオンライン新聞
  • 125ドルのオンライン新聞+紙新聞
  • 125ドルの紙新聞

本書によると結果は二番目のオンライン新聞+紙新聞を選ぶ傾向が高いとのことでした。また、同じ論理で

  • 僕'(下位互換)
  • 別人

だったら人は僕を選ぶらしい。

考察

本書第一章では人は選択を完全に自分で行うことはできず、常に何かと相対化して選択を行なっているという話がメインであった。上記の二つの例の種明かしはこれでわかっただろうか?つまり、相対化できるものがあり、且つその相対化できるもののうち片方が明らかに劣り、どちらかが優れていたら、もう一方の相対化できない選択肢は目に入らなくなってしまうということなのである。合コンで男性の人数合わせに呼ぶなら自分に顔もしくは性格が似ているが自分より下位互換の人を選んだ方が良いということらしい。ひどい話だ(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする