2017年07月一覧

教育IT企業でのインターンの学び~その1:データ分析編~

教育IT企業でのインターンで行なったデータ分析での学びについてまとめました。『実際に重要なのは「どんな結果が得られるの?」という部分だし、「その結果を得るためにどんなデータを取ってくる必要があるの?」というところで、分析の手法やツールは最後の最後に出てくるものでした。もちろん手法やツールは知っているに越したことはないのですが、そればかりに気を取られていると最短ルートで結果を出すことができなくなってしまいます。』

野球を、部活を、仕事をやめたい人へ:やめてもいい、組織に縛られなくていいんだよ

野球を、部活を、仕事をやめたい、でもやめられないという人たちはたくさんいると思います。部活をやめたい、でもやめるとその先が怖い、その気持ちが僕は強くわかります。これは僕が体験した野球、部活の11年間の全てです。いろんな人の経験に当てはまる部分もあればそうでない部分もあると思います。ただ、この記事で僕が言いたいのは一つです。とにかく無理をしないでほしい。世の中には選択肢が溢れているから、思いつめすぎないでほしい。

ティムフェリス「目標でなく恐怖を明確にすべき理由」~恐怖の明確化~

恐怖の明確化。TEDプレゼン、ティムフェリスの目標でなく恐怖を明確にするべき理由のレビューです。ティムフェリスは、よく言われる「目標を明確にせよ!」という言説に疑問を投げかけます。本当に目標の明確化って価値あることなの?本当に大事なのは恐怖を明確にして、それをやらないことによるデメリット、やることによるメリットを明確にして、決断の助けにすることじゃない?

リクルートのすごい構”創”力

話題の書籍、リクルートのすごい構"創"力を読んだ感想です。リクルートのある会社でインターンをする中で持った感覚と、この書籍で学んだことは完全に一致します。ここまで公開していいの!?というくらい開示するリクルートに脱帽。

志水宏吉「学校にできること 一人称の教育社会学」

志水宏吉先生のこれまでの研究をまとめた、「学校にできること」のまとめです。学校にできることって何でしょうか。塾などの学校外教育が一般化している日本、アジアにおいて学校にできることはどんどん小さくなっています。社会格差を縮めるという役割も果たせず、助長しているかもしれません。それでもなお学校が必要な理由はどこにあるのでしょうか。